くみひも平井
伝統的工芸品 伊賀くみひも

伊賀くみひもとは、三重県の伝統的工芸品であり、絹糸や金糸・銀糸などを組台(角台、丸台、綾竹台、高台など)で色鮮やかに組み上げたものです。特に手組紐は美しく染め上げた絹糸を多数使い、独特の風合いや伸縮性に優れた作品が生まれます。起源は、奈良時代以前に遡り、仏具や武士の甲冑、刀の紐を作ってきました。明治中期に帯締め、羽織紐等に活用したことから産地形成され、販路を京都に広めたことから日本一の生産地として、今日に至っています。

配色・色彩・手作りのこだわり

伊賀忍者の里、忍者の忍耐と根気、俳聖・松尾芭蕉の感受性など伊賀地方特有の環境の中で育まれた伊賀くみひもの技法。手づくりのしなやかさや絹糸の色彩など伝統的な手法で繊細な美しさをもつ組紐を生活の中へ取り入れ新しい感性を表現しています。今は、和装小物だけではなく、キーホルダーやストラップ、ネックレス、イヤリングなどファッションからインテリアまで生活の中で「くみひも」を楽しめます。

おすすめ

帯〆4,400円~

くみひもホルダー660円~

イヤリング・ピアス1,320円

ネクタイ17,600円

帯〆4,400円~

くみひもホルダー660円~

イヤリング・ピアス1,320円

ネクタイ17,600円


住  所:三重県伊勢市宇治浦田一丁目5番6号
電  話:0596-26-2377
営業時間:9:30~17:30(季節により異なる)