春になると、山の神様が桜の木に宿り花を咲かせる…
そう考えた昔の人々は、「花見」という宴を開いて神様とともに喜び豊作をお祈りしたと言います。
日本人の習いと楽しみを受け継いだ桜まつりで、
五十鈴川の桜と一緒に、うららかな春のひとときをお過ごし下さい。

日 時/令和6年3月下旬~4月上旬(桜の開花に合わせて)10:00〜17:00
場 所/五十鈴川河川敷周辺
内 容/
●花見屋台 団子、田楽、甘酒、花見料理などの風流な屋台がならびます。
      江戸時代から花見の際に楽しまれていた提げ重を「花見手提げ重」として限定販売するほか、
      本催事だけの限定弁当を五十鈴川河川敷特設屋台にて販売します。
●夜桜のライトアップ 五十鈴川の水面に映る幻想的な美しい桜もお楽しみください。
●春の奉納芸能 桜の神さまへ五穀豊穣を祈り、奉納演奏を披露します。